判断力を鈍らせないように

油断は命とり、という言葉は誰もが実感していることです。一瞬の油断が、今後の人生を左右するような失敗を招くことがあるのは、車の運転に関してもそう言えます。車の運転は、私達が思っている以上に同時にいろいろな事を判断しなければなりません。前だけ見ているのではなく、周囲の状況もよく把握しなければなりません。それに、後方の注意も怠ってはいけません。そういった本来は同時に行っているべきことが、ある時ふと忘れてしまうことがあります。

本来は左右を確認しなければならないところで確認を行わなかったり、後方を確認しなかったり、信号が青だと勘違いしてしまっていたり、他のことに気を取られていたり…そういった油断は、非常に危険であり重大な交通事故を引き起こす可能性があるということを、過去の事例も示しています。そして私達も、それを将来自分の身に降りかかることによって経験したくはないでしょう。

車の運転、そしてそれによって引き起こされる交通事故により、重大な後遺障害を負ってしまう可能性があるということを考えれば、今以上に車の運転ということに関して真剣みを持って取り組まなければならないこと、そしてそれが最終的には多くの人の命を救うことになるということを実感できます。