後遺障害の等級とは

交通事故の影響で、相手がどの程度の後遺障害を負ったか、また自分がどの程度の後遺障害を負っているのか、という点は、『等級』によって分類されます。医者の判断等が必要になりますが、この等級を得るということで初めて、賠償に関係する後遺障害が第三者によって認められたことになります。

逆に言えば等級が認められないとその分を賠償金として請求することができません。賠償金に関しての話ですが、多くの方が「慰謝料」と混同してしまっているかもしれませんが、この慰謝料も、大まかに括れば賠償金に含まれます。その他、車の修理代、治療費、入院費、仕事ができなくなったことによる賠償費(逸失利益)などがそこに含まれます。後遺障害は、その症状が「固定」した時点で適用されます。最初の症状から、悪化した場合でも認められる、ということです。

等級は、特定の審査機構に審査してもらうことになりますが、ここで大切になるのが、『事前認定』という仕組みです。これは、後遺障害の症状等に関して、相手方(加害者側)が加入している保険会社が申請して行うものです。この時、より厳正な等級認定がされるようにするため、あらかじめ弁護士などに相談しておくと良いでしょう。

関連HP|後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ法律事務所